マッサージでO脚改善

正しい靴の選び方

O脚を治したいのなら靴選びから始めよう

O脚の人は、普段履いている靴で損している事も少なくありません。ひょっとすると、O脚が悪化してしまったのは、あなたがいつも履いている靴に原因がある事もあるのです。O脚では、靴もかなり影響してきます。O脚を本気で治したいのであれば、毎日履いている自分の靴にも気を遣い、あまり脚に負担のかからないようなものを選びましょう。

 

かかとをすっぽりと包み込んでくれる靴を選ぼう

自分に合わないサイズの靴などを履いているのも、脚に負担のかかる原因です。脚に負担がかかると、筋肉が緊張して骨盤にも影響してきます。骨盤の歪みはO脚をさらにひどくしてしまう事もありますので、できる限り負担の少ないような、自分の脚にぴったりの靴を選ぶのがいいのです。よく、プカプカと脱げやすい靴を我慢して履いてしまう方がいますが、これもO脚をさらにひどくしてしまう原因となります。

 

O脚にならないようにするためには、できる限りかかとがすっぽりと隠れるくらい深く、しっかりと脚を安定させてくれるような靴を選ぶといいのです。靴を選ぶ時は、底が浅い靴よりも、かかとを包み込んでくれるようなものを選びましょう。

 

高すぎるヒールはNG

脚のラインをより美しく見せたいという事からも、女性は高いヒールを履く事が多いです。確かに見映えはよくなりますが、高すぎるヒールというのは、間違いなく足に負担がかかります。短時間であればいいのですが、もしも長時間高いヒールを履く場合には、かなり脚が圧迫されますので、O脚がひどくなってしまう原因になってしまうのです。適度の高いヒールを選ぶようにしましょう。

 

低すぎず安定感のある靴

ヒールは脚に負担がかかるので、ぺちゃんこ靴であれば安心かというと、そうとも限りません。ポイントは「安定感」です。安定感のある靴であれば、脚がしっかりとサポートされ、脚に無駄な負荷が加わってしまう事もなく、O脚が悪化するような事もありません。

 

特にピンヒールなどは、細いの不安定になりやすく、脚にかなりの負担がかかり疲れの原因にもなります。低すぎる靴は、ヒールと違って確かに負担が少ないように感じられますが、安定感があるかどうかは、その靴ごとに異なっているので、低い靴でも歩きやすいもの、脚がちゃんと固定されるようなものを選びましょう。